内科 、消化器内科、肛門外科、皮膚科、アレルギー科、美容皮膚科

さいたま市北区で胃カメラ・大腸カメラ検査をするならつつじヶ丘公園西クリニック

ブログ

健康のこと、日常のことなどを発信しています。

足のムレ、臭い対策はしていますか?

2018/11/17
6d835560da2bc2b56f6ceafc4302155d_s
年末が近ずいて参りました。忘年会や、クリスマス会などご宴会が多くなる時期ですね。
靴を脱いでお座敷やホームパーティーなどに参加する機会もありますか?
男性も女性もお仕事のあとのお靴や足の匂いは自信がないと思います。
女性は特にブーツを履く機会も増えるかと思います。足ムレ問題ないですか?
足の臭いや、ムレに効果的なクリームを当院で取り扱っております。
(効果には個人差があります)
index_img_deodorant_01

1:セルニューデオドラントクリーム 2160円(税込)
  

2:10%塩化アルミニウム 870円(税込) 


 先ずは皮膚科で気軽にご相談下さい。 

夏のバカンスの必須アイテム

2018/7/8
4190992daab245eba7def11d800b6ff3_s
いよいよ、夏休みですね。お出掛けの計画がされていますか?
海に行く方、山や高原に行く方様々かと思います。自然に触れる機会が多いことは良い事ですね。
お出かけの際には必ず、日焼け止めクリームと虫除けスプレーの持参はお忘れ無く。
5月から9月は紫外線が強いので日常生活でも、朝洗顔後に日焼け止めクリームを塗る習慣があるとよいですね。
紫外線は、シミ・シワなどのお肌の老化を促進させる一因です。しっかり、予防をしましょう。

毛虫皮膚炎にご注意を

2018/4/26
cf1e1458d1bd42ef3d2f7ad940b38b0d_s
1fb62d25129acfce561d0fb92fbf0a04_s
こんにちは、
いよいよゴールデンウィークですね。
 この時期から、注意が必要な皮膚炎に毒蛾皮膚炎(毛虫皮膚炎)があります。代表的な虫はチャドクガです。5月から6月8月から9月の年に2回、卵からかえり、毛虫となります。ツバキ、サザンカ、オチャなどの庭木に生息し、それにふれたところにたくさんの赤いプツプツした発疹が出てきて、強い痒みを起こします。毛虫を直接触れなくても、毛虫が生息していた木には毒針が残っております。お庭のお手入れは特に注意してくださいね。後発部位はくびのまわりや腕などの露出部です。しかし、洗濯した衣類を外で干していると、毛虫の毒針や、蛾の鱗粉がつき、その衣類を着用したために露出部位でないところも発疹が出ることもあります。
 痒み症状がかなり強くて、市販薬では耐えられない方も多いので、早めに皮膚科受診されて下さいね。

つつじヶ丘公園の桜

2018/4/8
2C21CEC5-5CD4-4906-AE54-8CB24BC255DE
こんにちは、
春は花粉の季節で、うんざりされる方も多いかもしれませんね。
完全防備でお散歩すると、素敵な景色に出会えますよ。
当院の近くにある『つつじヶ丘公園』は、さくらが満開でした。今は雨風で既に散りかけていますが、、、
4月下旬から5月上旬にはつつじが見頃になりますよ。

『花粉・食物アレルギー症候群』という疾患をご存じですか?

2018/2/15
7078971979cbe394b77919b2dc31aef5_s
 そろそろ、花粉症の季節とご準備されている方、まだ今までなっていないから大丈夫と思ってらっしゃる方様々だと思います。
 花粉症はクシャミ、鼻水、目のかゆみだけではなく、皮膚が痒くなることもあります。この時期の痒みは花粉症も原因のひとつにお考え頂いても良いかも知れません。

 また、『花粉・食物アレルギー症候群』という疾患をご存じですか?花粉症が感作の基となって、食物アレルギー(口腔内の刺激感・腹痛など)を引き起こすのです。1例を挙げますと、シラカンバの花粉症がある方に、もも・リンゴ・さくらんぼなどの果物アレルギーをお持ちの方が多いのです。花粉症の原因植物ごとに特異的に果物・野菜が反応します。
 
 当院では、問診、視診、必要によって採血検査をします。その結果、患者様と今後の具体的な治療方針を立ててまいります。

 来院時以下の内容を伺いますので御準備しておいて下さい。
 ①発症季節
 ②症状(鼻炎・結膜炎・くしゃみ・痒み)
 ③治療歴(おくすり手帳など内容のわかるもの持参)
 ④食物アレルギーの有無

どうぞお気軽に皮膚科にご相談下さい。
お問合せはTEL: 048-778-8057
つつじヶ丘公園西クリニックロゴ