内科 、消化器内科、肛門外科、皮膚科、アレルギー科、美容皮膚科

さいたま市北区で胃カメラ・大腸カメラ検査をするならつつじヶ丘公園西クリニック

円形脱毛症

円形脱毛症とは

円形脱毛症は、頭の毛が突然、円形に抜けてしまうものです。
多くの人は自然に治りますが、なかなか治らない場合や数カ所にわたって抜ける場合もあります。

原因は精神的なストレスのほか、自己免疫が原因となっている場合もあります。
自己免疫は本来、細菌やウイルス感染から自分の身を守るシステムですが、これが自分の体に対して攻撃してしまうのです。

また円形脱毛症は、アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患や自己免疫性疾患などと合併することが多いのが特徴です。
IgE抗体値が非常に高い方や、橋本病など甲状腺の病気がある方で患う方もみられ、こうした方はストレス性の脱毛になりやすいと考えられます。

脱毛範囲ができるだけ広がらないように、早期の治療をおすすめします。

治療法

自己免疫性疾患と合併して起こることが多いので、自己抗体の検査を行ってから治療を行うこともあります。

治療は、主に脱毛部分に副腎皮質ステロイド薬や塩化カルプロニウム液を塗ります。
内服など状態に合わせて併用治療を行います。

まずは急性期の脱毛を抑える治療をし、次に発毛を促す治療を行います。そのため、回復までに時間がかかることが多いのが現状です。
img_consultation_info02_02
お問合せはTEL: 048-778-8057
つつじヶ丘公園西クリニックロゴ