内科 、消化器内科、肛門外科、皮膚科、アレルギー科、美容皮膚科

さいたま市北区で胃カメラ・大腸カメラ検査をするならつつじヶ丘公園西クリニック

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは

肌のバリア機能が弱く、かゆみを伴う湿疹を繰り返すもので、湿疹はかぶれなどが原因ではなく、他の皮膚病でないものをアトピー性皮膚炎といいます。
バリア機能が低下した皮膚は、ちょっとした刺激に敏感になりやすいので、まずはスキンケアが大事です。

子どもに多いアトピー性皮膚炎ですが、大人でも免疫力が下がったときなどに、顔や首を中心にアトピー性皮膚炎があらわれることがあります。また、ひどい手荒れとして症状が出ることも。
子どもの頃に、ひじや膝の後ろに湿疹が出やすかった人が、大人になってストレスでアトピー性皮膚炎を発症することもあります。
img_consultation17

治療法

肌のバリア機能の回復を目的として、また炎症やかゆみが強い場合は、軟膏や内服薬による薬物療法を行います。

肌にできるだけ負担をかけないなど、日常生活を見直すことも大切です。
肌の状態がよいときのスキンケアをしっかりと続け、必要に応じてステロイド剤や抗アレルギー剤の飲み薬を服用します。

なかなか治らない方、かゆみの強い方には、紫外線治療(ナローバンドUVB)も併用します。それにより、ステロイド剤の強さを1ランク弱いものに変更することが可能です。
「強い効果のステロイド剤を使っていて副作用が心配」という方におすすめです。

薬と治療法について

・ステロイド軟膏
 強く炎症が起こっている部分に1日2回程度、塗ります。比較的強い効果の軟膏を数日塗って炎症を抑えた後に、弱い効果の軟膏に切り替える場合があります。

・内服薬
 かゆみを抑えるために抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤を用います。

・紫外線治療(ナローバンドUVB)→詳しくはこちらをご覧ください。
※当院では最新機種「ジェイトラック」を導入しております。
img_consultation_info02_02
お問合せはTEL: 048-778-8057
つつじヶ丘公園西クリニックロゴ