内科 、消化器内科、肛門外科、皮膚科、アレルギー科、美容皮膚科

さいたま市北区で胃カメラ・大腸カメラ検査をするならつつじヶ丘公園西クリニック

帯状疱疹(たいじょうほうしん)

帯状疱疹とは

子どもの頃にかかった水痘(水ぼうそう)のウイルスが免疫力が低下したときに再活性化し発症したものです。

神経に沿って体の片側に痛みを伴う水ぶくれや発疹があらわれるのが特徴的な症状です。
ピリピリと痛い、体が重くて動けないなど、症状は人により違いますが、これは人それぞれ神経の感覚が異なるためです。

治療法

帯状疱疹の治療には、抗ウイルス剤を用います。早期に投薬し、痛み止めを併用することで痛みはラクになります。
神経炎が残ってしまい、帯状疱疹後に神経痛がいつまでも残る場合があります。

早めに治療すること、そして最初から痛み止めを投薬するのが、帯状疱疹の治療には重要です。
img_consultation_info02_02
お問合せはTEL: 048-778-8057
つつじヶ丘公園西クリニックロゴ